大企業と自営業の
ホームページの違い

たとえばヤフーやアマゾンなどでは莫大な資金と人を使いホームページが作られ、ずっと更新されています。

ただ、私たちは小型企業や個人経営の人にそこまで大がかりなサイトは必要ないと考えています。

ホームページ制作の表現

MERIT

大企業と小型・個人事業主

ホームページを小型企業・個人事業主が持つメリット

多くの方々がホームページを作ってしまえばあとは勝手に仕事が来る。と思っていませんか?ほったらかしのホームページはどんどん枯れていきます。

ただ、更新する知識もないのでどうにもならない。では作るメリットはどこにあるでしょう。

信頼性

  • 信頼される企業
    取引においてお客様から信頼される企業であることは大きなメリットです。
    そのツールとしてホームページという選択があります。
  • 名刺のグレードアップ
    自社がどんな企業なのか、企業カタログを作るのにも結構なコストがかかります。
    しかし、名刺にホームページのアドレスが記載されてたらどうでしょう。
    今や名刺にホームページアドレスが記載されてないと裏面を確認する時代です。
  • 公開しているという信頼性
    ホームページ上で全国に自社の事を公開している信頼性が得られるのです。

顧客離れ回避

今まで自社(A社)で取引していただいてたC社のところに、B社という会社が同じ値段の見積を持ってきました。B社はホームページに自社の紹介や情報を公開していて信頼性が高いです。

ただ、長く付き合っていた信頼性もあります。お互いホームページが無ければ当然C社は今まで通り自社(A社)を取引相手に選ぶでしょう。

お互いホームページで自社を公開していた場合も、もちろんC社は自社(A社)を選ぶと考えています。

意外と経費削減できます

  • 人件費
    ホームページは24時間365日文句を言わない営業マンです。
  • 交通費
    ホームページ上に詳細を入れておけば何度も営業に行き説明しなくても済む場合があります。
  • 広告費の削減
    何か必要なものがあればネット検索しませんか?検索によってホームページを訪れ、自社を知ってもらえます。

大手企業向けホームページ

大手の企業のホームページは規模もさることながら金額面でも莫大です。

制作費と携わるプロたち

ホームページを集客のメインツールとして使うような大規模なホームページは大体300万円~1000万円クラスがあります。

業界のトップ人材が数か月掛けて大規模なプロジェクトとして展開していきます。素材もプロのカメラマンや動画制作など多くの業種の人材が会議を重ねて制作していきます。

維持管理費

やっていただく項目で大きく変わりますが、10万円~30万円だと思います。アクセスを増やすための技術やGoogleやYahooの検索の上位に表示させるための技術、情報収集をやっていただけます。検索上位にならなければ、ホームページは埋もれてしまい、集客をメインツールとして莫大な資金を投入したホームページを立ち上げた意味がなくなります。

弊社プラグインプラスは
小型企業・個人事業主がお客様

莫大な制作初期費用も、うん十万の月々の維持管理費も必要ありません。無駄をそぎ落としピッタリのプランをご提案致します。

お気軽にお問い合わせください。03-3602-0643受付時間 8:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ